就職先を探すなら医師向け求人サイト

医師はまだまだ男性が多いというイメージが世間一般にはあるかもしれませんが、今、確実に女性医師の数や割合も増えてきています。

それでも女医が転職先や就職先を探そうと思えば、できるだけ慎重にならなければいけません。男性とは違う視点が必要になるからです。

女性医師が転職などをする際、当然求人情報を集めなければいけないわけですが、それに最も貢献してくれるのは医師向け求人サイトです。

大きな特徴は、医師の求人のみが掲載されていること。サイトによっては掲載されている求人が全てではなく、条件等にマッチした医師にのみ紹介されたり閲覧が可能となる「非公開求人」を多数抱えています。

医者専門のコンサルタントに頼んでみよう

そんな医師向け求人サイトの中でも利用すべきは、エージェントやコンサルタントと呼ばれるサービスです。

これらは自ら求人を絞り込んで探すこともできますが、それに加えて、医療従事者の転職などに関する知識を持つ担当のコンサルタントが、転職や就職までをサポートしてくれるというサービスを受けることができます。

女性医師にとって嬉しいのは、仕事や子育てなどに追われながらも、安心して転職・就職先探しができる点。あらかじめカウンセリングを受けておけば、条件や希望などにマッチした求人をコンサルタントがピックアップし、それを提案してくれます。

また、その求人に興味が持てれば、通常は自分1人で行わなければならない医療施設へのコンタクト、面接日時の設定、条件の交渉などもコンサルタント側が代行。

転職先や就職先を探すために、仕事や家庭に費やすべき時間や労力を犠牲にする必要が生じないのです。

女性医師向け求人探しのポイント

では、女医は、具体的にどのようなポイントを重視して求人を探していけばいいのでしょうか。
求人情報の中で女医に言及している医療施設や、福利厚生の部分で院内保育所や託児所が設けられている点をアピールしているところは、詳しく話を聞いてみる価値があります。

特に後者に注目。女医のための福利厚生が充実している医療施設では、同じような境遇の人が働いている可能性が高く、実際にそのような存在がいれば、安心して勤め始めることができます。
例え子供がいなかったとしても、今後できるかもしれませんし、働く母親に配慮した設備があれば、そこは女性にとって優しい場所であることは間違いありません。

もちろん、文字のみによる求人情報だけではなく、実際に見学に行くことが大切です。コンサルタントにあらかじめ条件等を示しておけば、それにマッチした医療施設を紹介してくれますが、写真と現場、あるいは人からの情報と自分の目で見た光景では大きく異なることもあるので、必ず足を運んで実際に自分の目で確かめてから決定しなければいけません。

また、妥協しないことも女性医師が新たな職場を探す時のポイントとなります。
このように、女性の医師求人は男性の医師求人とは異なる探し方をする必要が出てくるのです。
まだまだ男性社会であるからこそ、働きやすさ優先で転職・就職先を見極めることをお勧めします。