1. 女性医師の年収や月給の相場を確認

女性医師の年収や月給の相場を確認

女性医師の給与の実態

既に医師として現場で働いている女性も、これから現場に出ようと考えながら活動している人も、おそらく気になるであろう、世の女性医師たちが受け取っている給与の額。

医師全体で見た時には、女性は900万円から950万円ほどの年収を得ているようです。

月収にすると、約70万円。OLなどとして働く女性と比較すれば、非常に多くの収入を得ていることがわかります。

ただ、男性医師は年に1900万円から2000万円の収入を得ていることを考えると、医師という職業を考えた時には、決して多く受け取っているとは言えません。

ちなみに医師全体では、1300万円前後が年収の相場となっています。

つまり月に100万円ほど受け取っており、それに賞与がついてこの額になっているのですが、当然ながら、この額は高収入の男性が全体の額を引き上げているわけです。

もう1点注意してこれらの数字を見なければならないのが、上記で示した給与額はクリニックで働く医師や開業医などの収入も含めたものであること。

勤務医として働く医師のみで見れば、若干この数字は下がってきます。

勤務医として働く女性医師の平均年収は850万円から900万円ほど。

クリニックなどで働く女性の医師も含めた数字と比べるとやはり少し下がっています。

これはもちろん男性医師も同じで、勤務医として働く男性医師は年に1100万円から1200万円という収入額。

ただ、勤務医であっても、女性は男性よりも収入が少ない点は変わりません。

男性医師よりも女性医師の方が収入が少ないのは、後者はより非常勤や短時間雇用の割合が多いためと考えられます。

参考:日本女医支援センター

勤続年数ごとの給与目安

医師も他の職業と同様で、勤続年数や経験年数が増えることによって収入は増加。

女性医師としての経験がまだ浅い、例えば5年未満の人は、だいたい1年に700万円ほどの収入を受け取っています。もちろんこれは相場の額であり、クリニックで働く女性の医師も含めた全体の額。

勤務医となればこれよりも少なくなると思っておきましょう(勤務医の場合は500万円台の後半から600万円台前半が、このくらいの経験者の平均の額となります)。

5年から10年程度の経験だと、770万円から780万円ほどで、1000万円を超えるのは医師として働き始めてから10年が経過してからです。

15年以上になると1200万円から1300万円と、多くの収入を得られるようになります。

求人を探す際には、自らの経験と比較して、妥当な収入が得られるところを選びたいものです。

女性医師の活躍の場も確実に増えてきている昨今、この給与額も必ず今後上がってくるでしょう。

近いうちに男性とさほど変わらない収入を得られるようになるはずです。